会社設立手続き応援情報サイト【自分でできる会社設立】/群馬県しもやま行政書士事務所

LLC設立の流れ

合同会社(LLC)設立キットご利用における手続きの流れ

◆付属のマニュアル・解説書にそって以下の作業を行うだけで設立完了!

  1. 社員の決定
     次へ
    社員とは、従業員のことではなく、法律上、出資者のことをいいます。合同会社(LLC)の場合は、出資者であり業務を遂行する人をいうことになります。また、合同会社(LLC)では、1人以上の個人または法人の社員が必要となってますので、1人でも設立可能です。
     次へ
  2. 会社の基本事項の決定
    商号、事業目的など会社の概要を決めます。
     次へ
  3. 商号の調査
    類似の商号がないか管轄法務局で調査します。(新会社法施行で類似商号についての規制は緩和されましたが、商標権などの問題もあるので、商号調査を行っておくことをお勧め致します。)
    商号に問題がなければ、会社代表印の作成をします。
     次へ
  4. 定款の作成
    定款を作成します。必ず定款に記載しておかなければならない事項(絶対的記載事項)は忘れず記載してください。
    【LLC(合同会社)の絶対的記載事項】
    ・事業目的
    ・商号
    ・本店の所在地
    ・社員の氏名または名称及び住所
    ・社員の全部を有限責任とする旨
    ・社員の出資の目的(有限責任社員に会っては、金銭等に限る)およびその価額また
     は評価の基準
    ※作成した定款を電子化することにより、4万円の印紙代が節約可能。← この作業のみ行政書士へ依頼するのが超お得です!
     次へ
  5. 出資金の払込み
    出資者である全員が、金融機関に出資金額を払込む必要があります。
     次へ
  6. 合同会社設立登記の申請
    本店所在地を管轄する法務局に設立登記の申請をします。
     次へ
  7. 合同会社設立後の各役所への届出
    合同会社設立後は、税務署、税事務所、社会保険事務所などへの届出が必要です。会社設立後すぐに済ませておきましょう。


powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional