会社設立手続き応援情報サイト【自分でできる会社設立】/群馬県しもやま行政書士事務所

電子定款認証とは?

電子定款とは

  • 定款はこれまで、紙で作成し、公証人役場で認証してもらうという方法でした。しかし、2004年3月よりフロッピーなどの電子媒体での認証も受けられるようになりました。これを「電子定款」と言います。

    この「電子定款」を利用すると、定款認証印紙代4万円が不要となり、会社設立時にかかる費用を節約することができます。
    「電子定款」と言うと、インターネット上で認証ができるようなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、認証を受けるには、従来どおり公証人役場に出向くことが必要です。
    認証を受ける媒体が紙ではなく、電子文書が使えるようになったという意味です。

    具体的には、作成した定款をPDF化し、作成者がJCSIの電子証明書で電子署名をし、それをフロッピーに保存して公証人役場に持参するということになります。
    電子媒体は文書の扱いではなくなるため、印紙税法で非課税となり、印紙代の負担がなくなるというわけです。

    「電子定款」を作成する場合、電子証明書の発行や特別なソフトの購入などで約5万~8万円の費用がかかるため、個人で手続きをするには現実的な方法ではありません。
    しかし、この作業を、電子定款作成の環境を整えた行政書士に依頼することで、この5万~8万円の費用もかからず、印紙代4万円も節約できるのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional